幼児教室 人気

幼児教室 人気

こどもちゃれんじって発達障害児にはどうなの?

 

発達がゆっくり目な子どもに「こどもちゃれんじ」ってどうなんだろう?

 

そんな疑問を持っているお父さん、お母さんのお役に立てればと思い
我が家の発達がゆっくり目な息子の「こどもちゃれんじ」体験談を書いてみました。

 

※参考までに、息子は広汎性発達障害(知的軽度)の診断を受けています。

 

【こどもちゃれんじとは?】

 

こどもちゃれんじは、生後6ヶ月〜年長児までが受講できる教材です。

 

・こどもちゃれんじbaby(0〜1歳向け)
・こどもちゃれんじぷちファースト(1歳前後向け)
・こどもちゃれんじぷち(1〜2歳向け)
・こどもちゃれんじぽけっと(2〜3歳向け)
・こどもちゃれんじほっぷ(3〜4歳、年少向け)
・こどもちゃれんじすてっぷ(4〜5歳、年中向け)
・こどもちゃれんじじゃんぷ(5〜6歳、年長向け)

 

年齢に合った教材が届くので、子供も興味を持ちやすいです。

 

また、子供の成長に合わないと感じた場合は
途中でコースを変更することも可能です。(コース変更は電話のみの受付)

 

【こどもちゃれんじのメリット、デメリット】

 

メリットは何と言っても“しまじろうパワー”(笑)

 

息子は言葉を聞いて理解する力が弱いため
私が何度説明してもわからなかった遊びやルールなどが
映像教材を見たらすぐに理解したり^^;(視覚優位だからかも?)

 

例えば、遊びだったら「しりとり」とか
生活する中でのルールだったら「お店の中や病院では騒がない」とか「信号が赤だったら青になるまで待ってから渡る」とか「車にぶつかりそうになったら危ない」など。

 

あと、数字は大好きなくせに
ひらがなにはあまり興味を示さなかった息子が、しまじろうの教材で読めるようになったり。

 

大好きなしまじろうがDVDに出てきたり教材の絵に使われているので
興味を持って覚えやすいんでしょうね。

 

デメリットは、絵本についている切り取って使う教材が薄っぺらいので
すぐ破れたり、なくしやすいという点。

 

破れたり折れてぐちゃぐちゃになってるものを捨ててしまったことがあるのですが
捨てた後に「○○がない〜!」と泣かれて大変だったことがあります。。。

 

【こどもちゃれんじ体験談】

 

我が家では、息子が生後6ヶ月になった時に「こどもちゃれんじ」を始めました。

 

こどもちゃれんじに入会しようと思ったポイントは
月齢・年齢に合わせたおもちゃが届くという点。

 

子供が小さいと、お出かけも大変だし
1ヶ月2,000円弱で毎月年齢に合ったおもちゃが届くのは助かる♪

 

ところが・・・

 

実際に届いてみると、想像してたよりもあまりおもちゃで遊ばない(-。-;

 

なので、1歳になったころ一度退会しました。

 

月日が流れ、息子が2歳になった頃に“トイレトレーニングの教材が届く”というDMが届きました。

 

でも、以前「こどもちゃれんじ」をやってた時は
あまり教材に興味なかったしなぁってことでスルー。

 

こどもちゃれんじのDMって定期的に届きますが
このトイレトレーニングの教材の時は、かなりしつこく届いたのを覚えています(笑)

 

なので、最初はスルーしてたのですが
だんだん気になり出して、また少しだけやってみようかな?と再入会。

 

そうしたら、以前あまり興味を持たなかった息子が
ものすごく気に入ってしまって^^;

 

結局、トイレトレーニングの教材でオムツは外れなかったのですが
教材の絵本やDVDを見て、トイレでオシッコやウンチをするのは理解した様子でした。

 

こどもちゃれんじのメリットでもお話しましたが
興味を持つと理解力が深まるのかなぁと感じます。

 

母親の私としては、「こどもちゃれんじ」を受講して良かった点は
この年齢ではどんなことが出来るのか?など成長の目安になるところですね。

 

なので、療育の先生や保育園の先生に
「●●が苦手みたいなんです」などと相談したり・・・。

 

保護者向けの冊子では、子供のしつけや対応方法など
パターン別に紹介されていたりして、とても役に立っています。

 

・小さい子にはよくある言葉の言い間違えをした時の声の掛け方
・自分の気持ちが上手く言えない子供への対応方法
・癇癪を起こした時の対応方法
・お友達を叩いてしまった時の対応方法

 

など、意外と?発達障害児によくある悩みについても書かれていました。
(冊子には発達障害という言葉は出てきませんが^^;)

 

【こどもちゃれんじの受講をおすすめしたい人とそうでない人】

 

<こどもちゃれんじの受講をおすすめしたい人>
・うちの子は、しまじろうが大好き♪という親御さん
・しまじろうを通じて色々なことに興味を持ってもらいたいという親御さん
・この年齢ではどんなことが出来るのか?など成長の目安を知りたい親御さん
 (子どもの苦手な部分などが把握できる)
・子どもへの接し方がよくわからない親御さん
 (保護者向けの冊子で、子供のしつけや対応方法などパターン別に紹介されているのでわかりやすい)

 

<こどもちゃれんじの受講をおすすめできない人>
・受講費が高いと感じた人
・子どもに合ったおもちゃや教材を自分で選べてる人